初めての七五三に行く前に

MENU

七五三では家族でおしゃれしましょう!

七五三の主役は、もちろん子どもです。3歳、5歳、7歳のそれぞれの子どもたちが晴れ着を着て立派な姿を見せてくれるのは、お父さんやお母さんにとって何よりうれしいことでしょう。

 

3歳は「髪置」、5歳は「袴着」、7歳は「帯解」という儀式に由来するお祝いで、子どもの成長過程における特別なお祝いとして、一般的には神社へ参拝します。昔は、氏神様をお参りする、というならわしもありましたが、現在は、氏神、氏子ということにこだわりなく、近くの神社へお参りすることが多くなってきています。家族で手を合わせるだけでも十分ですし、せっかくの機会ですから、御祈祷をしていただくのもよいでしょう。

 

子どもは、女の子なら着物、男の子なら袴を着てお参りするのが一般的ですが、同伴するお父さんお母さんはどうすればよいのでしょうか。やはり、大切なお祝い事ですし、子どもに合わせて正装するのが望ましいと思います。

 

男性はスーツになると思いますが、女性は和服もよいですね。ただ、3歳のお祝いや下のお子さんがいる場合など、小さい子ども連れの場合は、着物では動きづらいこともあるでしょうから、ワンピースにジャケットやスーツなど、入学式・入園式などで着るようなフォーマルがおすすめです。

 

女性で着物の場合ですが、着物は格が重要になりますので、お祝いの日に着る着物としては、訪問着、付下、紋付の色無地といった略礼装以上となります。こどものお祝いに花を添えることができますし、このような機会に着物を楽しむのもいいですね。

 

また、七五三ではない兄弟がいる場合は、兄弟の服装もフォーマル感が出るように配慮することもポイントです。入学式などで着るようなスーツやワンピースなどでおめかしすると素敵ですね。