初めての七五三に行く前に

MENU

七五三の晴れ着の選び方いろいろ

住む地域によって異なりますが、女の子は3歳と7歳、男の子は3歳と5歳でお祝いする七五三。その準備でメインとなるのが、子どもの晴れ着ではないでしょうか。

 

七五三の衣装は、主に、レンタルにするか購入するかの二通りです。3歳のお祝いの際はお宮参りのときに購入した着物を着ることもありますので、購入する場合は5歳、7歳で着る着物になるでしょう。3歳のお祝いの着物には、着物の上に着る「被布」を準備する必要があります。

 

3歳の女の子は、着物を兵児帯で結び、その上に被布を着ます。きちんとした帯をつける場合もあるようですが、まだ幼く、赤ちゃんから子どもへの成長段階にある年齢ですので、普通の帯は少し窮屈かもしれません。履き慣れない草履も履くことですから、動きを妨げないような兵児帯で着つけてあげることをお奨めします。3歳は、男の子もお祝いする場合があります。

 

5歳は男の子のお祝いで、羽織袴をつけるのが正式なスタイルです。伝統的な無地の羽織袴はもちろん、最近はデザイン性に富んだおしゃれな羽織袴もたくさんあるようです。

 

7歳は女の子のお祝いです。昔、女の子は、7歳になるときちんとした帯を結んで着物を着ていたことから、女の子は7歳でもお祝いするようになったようです。7歳で着る着物は、振りそでを肩上げ、腰上げして寸法を調整して着付けます。

 

レンタルの場合は、価格がリーズナブルで保管の手間がない、というメリットがあります。一方、購入の場合は、保管や管理の善し悪しにもよるでしょうが、たとえば子どもや孫まで代々受け継いでいけるということ、何度でも着ることができる、というメリットがあるでしょう。年の近い兄弟や親せきなどがいる場合は、着回しすることができるので、結果的に購入する方がリーズナブルという場合も考えられます。