初めての七五三に行く前に

MENU

七五三の歴史や起源について

七五三といえば、男の子は凛とした袴やスーツ姿、女の子は華やかな着物姿で千歳あめを片手にお父さんお母さんと手をつないで神社へお参りする、というほほえましい光景が目に浮かびます。毎年、11月15日を中心に、前後1週間ほどは、たくさんの親子連れでにぎわう神社がたくさんあります。

 

子どもを持つ家庭であれば、かなりポピュラーなイベントだと思いますが、その歴史や起源はあまり考えたことがないように思います。

 

七五三の起源や歴史には様々な説がありますが、古くは平安時代中ごろから始まったと言われています。平安時代には、男女にかかわらず、赤ちゃんの産毛を剃り、3歳までは丸刈り頭で過ごす習慣がありました。これは、赤ちゃんの健康を祈ってのことと言われています。

 

そして、中世になると3歳のお祝いを「髪置(かみおき)の祝い」といい、儀式が行われ始めました。これは、3歳になるとそれまで剃っていた髪を伸ばし始める、というものです。

 

5歳になると「袴着(はかまぎ)の祝い」となり、江戸時代ごろからこれは男の子のお祝いとされていて、初めて袴をつける儀式です。今でも、5歳の男の子が袴をつけるのは、この名残があるからでしょう。

 

7歳では、「帯解(おびとき)の祝い」といい、これは女の子のお祝いとなります。それまでは、着物を帯ではなく紐で着付けていたのを、はじめて帯を結ぶ、ということに由来する儀式です。

 

いずれも、子どもたちが新たな一歩を踏み出す成長の節目にあたる年齢といえます。厳かにお祝いをすることで、晴れやかですがすがしい気持ちになりますね。

 

そして、現在のように、「七五三」という年齢でお祝いをするようになったのは、江戸時代後期からと言われています。それまでは、お参りする日は特に定まっていなかったのですが、11月15日にお参りするようになったのも、このころからと言われています。